総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

生理前のニキビ。

生理前にニキビができるという人は多いのではないでしょうか。
ニキビケアとして、洗顔してもなかなか治らないなんてことも良くあります。

どうして生理前はニキビができやすいのでしょうか。
原因はホルモンバランスが崩れるところにあります。
皮脂の分泌量を調節してくれている女性ホルモンより、皮脂の分泌を高める黄体ホルモンの分泌量が多くなります。
それによってニキビのできやすい環境が整うのです。

排卵から生理が始まるまでの間、皮脂の分泌が高まりニキビのできやすい状態になります。
生理が始まれば、黄体ホルモンの状態も落ち着いて、ニキビも落ち着いてきます。

生理の約2週間前から、ニキビ予防としていつもよりこまめに洗顔することや食生活に気をつけるようにしましょう。
またニキビができる一般的な原因を作らないようにすることも大切です。
ストレスや便秘・睡眠不足などに気をつけましょう。肌に余計な負担をかけないようにしなければなりません。

生理前のニキビに特別にできるケアはありません。
ある程度のニキビができるのは正常だとも言われています。
つまり、どんなにニキビケアをしても生理前のニキビは避けて通れないと言うことになります。
しかしできたニキビを悪化させないことはできます。悪化させてしまうとニキビ跡の原因にもなります。

女性であれば月に一度は来る生理。
その度にニキビができるのは面倒ですが、ニキビ跡を残さないためにもこまめなケアが必要となってきます。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビの種類。

ニキビには色んな状態があります。それぞれの状態に合わせてニキビケアする必要があります。
ニキビの種類としては白ニキビ・赤ニキビ・黒ニキビ・黄ニキビがあります。
それぞれのニキビで悪化の段階が異なります。

まずは初期の段階と言われるのが白ニキビです。毛穴に角質や皮脂が溜まった状態をさします。
見た目ではニキビとわからないことが多いですが、この段階でのニキビケアは大切になってきます。
綺麗に洗顔をし、肌を清潔に保つことで悪化を防ぐことができます。

白ニキビに細菌が繁殖し、炎症を起こしてできたのが赤ニキビです。
皮脂の過剰分泌に原因があり、毛穴が詰まって炎症を起こしている状態です。
ここでさらに悪化してしまうとニキビ跡ができてしまうので注意しなければなりません。

赤ニキビの状態からさらに悪化し、毛穴に膿が溜まった状態を黄ニキビと言います。
黄ニキビはニキビの最終段階といわれています。毛穴に膿が溜まって腫れ上がった状態になります。
ここまでくると例えニキビが治ってもクレーターのようなニキビ跡が残ったり、シミのような跡が残ったりします。
また、黄ニキビを潰してしまう人も多いようですが跡が残ってしまうので絶対にやめましょう。

他にも黒ニキビというもがあります。
これは白ニキビとは逆で開ききった毛穴に角質などが詰まった状態を言います。
白ニキビと同様初期の状態と言えます。毛穴の黒ずみもニキビの原因になるので綺麗にしなければなりません。

黄ニキビになる前にニキビを治せるよう日々の洗顔を大切にしましょう。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汗もニキビの原因。

ニキビの原因は様々ですが、汗も原因の一つです。
汗をかくと皮脂の分泌も多くなり、肌に汚れがつき雑菌の繁殖につながります。
ニキビケアの基本としては肌を清潔に保つ必要があります。

しかしながら、汗をかかずに生活することはできません。
運動をすると大量の汗をかきますし、夏の暑い季節は何もしなくても多くの汗をかきます。
汗をかいたらシャワーを浴びるのが一番清潔ですが、シャワーを浴びることのできる環境がいつも整っているわけではありません。
シャワーを浴びることのできない場合、ニキビケアとして汗をかいたらウエットティッシュやタオルでこまめに拭く必要があります。
ただしタオルの場合は一度使うと、タオルに雑菌が繁殖してしまうので注意しましょう。
同じタオル何度も使うと逆に、顔や体に雑菌がつきニキビの原因になってしまいます。
タオルの場合であれば、清潔なタオルを何枚か持ち歩くことをお勧めします。
ウエットティッシュだと、使い捨てでき、いつでも清潔です。
さらにタオルに比べるとウエットティッシュの方が柔らかいのでお勧めです。
タオルで強くこすりすぎると肌を逆に痛めてしまい、ニキビの原因になります。

汗は確かに雑菌の繁殖につながりますが、汗をかかないのがいいわけではありません。
ニキビケアとしても運動を適度にする必要があります。理由は汗をかくと代謝がよくなるのです。代謝が悪いのはニキビができる原因にもなります。
一番大切なのは汗をかいた後の処理なので注意しましょう。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 16:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背中にできるニキビ。

ニキビケアの中心はどうしても顔になってしまいがちですが、意外とニキビがたくさんできる背中。
毎日目にすることがない分ニキビケアも疎かになりがちです。
背中のニキビケアを怠ると、ニキビ痕が残ってしまい、水着などを着るととても目立ってしまいます。
背中は他の場所に比べ皮脂ができやすく、ニキビのできやすい場所です。きちんとケアしてあげましょう。

そもそも、背中にニキビができる原因はなんでしょうか。
まずは汗によるものです。特に夏場などは汗をかきやすく、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。
さらに角質がたまり、ニキビになってしまいます。
ニキビ対策として汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて、汗や汚れを落とすのが一番いいといわれています。
しかし、学校や会社に行っている時に簡単にシャワーなど浴びることができませんよね。
シャワーは浴びる事はできなくてもこまめに汗をふき取るようにしましょう。
顔と同様で、あまり強くこすり過ぎないようにするのが大切です。

次にヘアケア剤や日焼け止めなどが原因でできるニキビです。
ヘアケア剤などが体に合わないとニキビができてしまうのです。
ボディーソープやシャンプーを変えたらニキビができたということはないでしょうか。
もしそうならば違うものを使った方がいいですね。
また、髪を洗った後のシャンプーやリンスが背中についたままだと、毛穴をふさいでしまいニキビの原因になります。
髪をしっかりすすぐと同時に体についたシャンプーやリンスもきちんと洗い流しましょう
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活が大事。

ニキビのできる原因の一つが食生活です。洗顔料や薬に頼るのではなく食生活を見直してニキビケアを行いましょう。
まず、ニキビの原因となるものは皮脂。
つまり皮脂の分泌を促す食べ物は避ける必要があります。

動物性脂肪の多い食事は皮脂が活発に分泌されるようになります。
動物性脂肪が多く含まれるのはお肉ですね。皮脂が気になるようであれば、お肉より魚がメインの食生活にした方がよいでしょう。
また、パンなどの炭水化物も消化されると最終的に皮脂の元になります。
主食である炭水化物を食べないと言うわけにはいかないですが、量を減らすことはできます。

そして糖分の高い甘いものも避けなければいけません。ニキビの原因になります。
チョコレートなどは糖分も脂質もたくさん含んでいるのでニキビができやすい食べ物の一つです。

逆にニキビ予防に役立つ食べ物もあります。
それは皮脂の分泌量をコントロールしてくれるビタミンB2やビタミンB6を含む食べ物です。
例えば、ビタミンB2はレバーや納豆、卵に、ビタミンB6は肉や魚の他に落花生などに多く含まれています。
ただこれらのビタミンを上手くとることができない場合は、サプリメントを上手く利用してニキビを防ぎましょう。

皮脂の分泌を促す食べ物のとりすぎはダメですが、適度に取る必要があります。
ニキビケアとして食生活を正すのはいいことですが、極端に偏った食事をするのはやめましょう。
逆に肌が荒れたり、ニキビができたりします。正しい食生活が大切です。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きちんと洗顔。

やっぱり洗顔はかかせない!

ニキビのない肌を目指すには肌を綺麗に保つ必要があります。
皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしてしまっているのがニキビ。
なぜニキビケアに洗顔がいいのかというと、余分な皮脂を落とすのはもちろん角質を取り除いて毛穴を綺麗にしてくれるのです。
では、どのような洗顔がニキビケアによいのでしょうか。
ただ洗顔をすれば言い訳ではありません。

ぬるま湯で洗うのが効果的

まずはぬるま湯で大きな汚れを落とすとともに毛穴を広げます。
熱すぎると、必要な皮脂まで落ちてしまい逆効果になるので気をつけましょう。
次に洗顔料はしっかり泡立てましょう。弾力のある泡の状態にすることが大切です。
軽く毛穴に押し当てるようにして、顔の中心から外側に円を描くように洗います。
毛穴の汚れは泡で落とすので、ゴシゴシ洗っても汚れは落ちません。手が肌にほとんど触れないぐらいがちょうど良いのです。

すすぎは30回はやりましょう

さらに大切なのがすすぎです。
洗顔料が顔に残るとニキビの原因になってしまいます。
ぬるま湯で30回ぐらいすすぐ必要があります。多いと思うかもしれませんが、それぐらいしないと洗顔料が毛穴から取れないのです。
最後に洗顔が終わったらやわらかいタオルで水分をふき取ります。
こすってしまうと肌を痛めるので気をつけましょう。

洗顔のし過ぎはお肌の大敵

ニキビケアのための洗顔は大切ですが、洗顔のしすぎは逆に肌を痛めてしまう原因になるのです。
1日に2回で十分に汚れが落ちます。それ以上の洗顔は顔に必要な皮脂まで落とし、乾燥肌の原因になるのでやめましょう。

さあ、これからがニキビケアのスタートです。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 14:58 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。