総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

にきび痕=傷




ニキビ痕というのは、簡単に言ってしまうと「傷」ということになります。大人になって出来てしまったニキビを潰してしまったり、薬も塗らずに放っておいたりすると皮膚組織が破壊されてしまいます。
この破壊された皮膚状態のことを「ニキビ痕」「クレーター」などと呼ばれています。

一般的にニキビ痕は「傷」と同じような扱いになります。傷というのは時間が経つと自然に消えていくものですが、傷がひどい場合は治りきらずに傷跡が残ってしまう場合があります。

傷を肌に作ってしまうと皮膚にある「繊維芽細胞」という細胞がコラーゲンを作り出して出来た傷を修復しようとします。
これは新陳代謝がうまく働いているときにはうまくいくのですが、傷口の周囲部分の新陳代謝が悪い場合は傷の修復自体がうまくいかなくなってしまいます。
そうなると傷痕が残ってしまうということになります。



通常の場合、傷をしたら修復するまでは6ヶ月?1年位かかります。
しかし、傷が何らかの理由により化膿してしまったり、傷口が修復せず長期にわたってしまったりして治らない場合は、「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」という傷口が赤く盛り上がってしまう状態になってしまいます。
これは傷口が修復していく状態のときにコラーゲンの算出が過剰になってしまった場合に起こる状態のことです。
この状態を「ケロイド」というように呼ぶ方もいます。

このように、ニキビの痕というのも傷と同じだということがわかると思います。



posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 20:47 | Comment(0) | ニキビ痕や傷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顔ダニがニキビの原因か


【VCローション「大人ニキビ」お試しトライアル】
momobgyoko.JPG

顔ダニがニキビの原因か
肌のトラブル解決 にきび予防とにきび痕

どんな人の顔にもいると言われる「顔ダニ」
ニキビの原因になるという説もありますが、基本的に顔ダニがニキビの直接の原因ではありません。
顔ダニは基本的に無害なので、ニキビケアをきちんと行っていれば、顔ダニがニキビの原因になることはありません。
逆に顔ダニは顔の皮脂を食べてくれるので、ニキビを防いでくれているのです。

あなたの顔にもダニがいる!―肌トラブルの原因となるニキビダニを肌から追い出すには

あなたの顔にもダニがいる!―肌トラブルの原因となるニキビダニを肌から追い出すには

  • 作者: 矢ノ倉 寿枝
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


では、なぜ顔ダニがニキビの原因と言われるようになったのでしょうか。
まずは顔ダニの死骸や排泄物が肌に溜まると毛穴がつまりニキビの原因になる点です。
生き物であるため、排泄物などは仕方がありません。
それを私たちが毎日の洗顔できちんと洗い流さなければなりません。
正しい洗顔ができないと排泄物が溜まってしまいます。
顔ダニ自体がとても小さい存在です。きめの細かい泡をしっかり立てて洗顔しましょう。
勘違いしやすいですが、洗顔をしたからといって顔ダニが消滅するわけではありません。
一回の洗顔で多くて30%ぐらいしか退治できません。

寝る前の洗顔がきちんとできていなかったり、洗顔料が肌に残っていたりすると顔ダニが繁殖します。
顔ダニの大量繁殖は、ニキビをつくる原因なので、気をつけましょう。
顔ダニの特徴の一つに夜行性の生き物であるということがあります。寝ている間に皮膚に残った餌を食べて繁殖するのです。
大量繁殖すると、その分排泄物なども増え、ニキビのできやすい状態が揃います。
ニキビケアとして、きちんと洗顔をして顔ダニの大量繁殖は防ぐようにしましょう

大人ニキビにVCローション☆限定3大プレゼント付き☆送料無料
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 17:52 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にきび痕が発生してしまう経緯



にきび痕と言うのはにきびを悪化させてしまった結果に起こるものです。
言ってしまえばにきびにさえならなければ、にきび痕も起こらないということになるのです。

ですからトラブルの大元のにきびが出来るのを予防したり、にきびが出来ても治療したりすることがとても大切なのです。

にきび痕が発生してしまう経緯は以下の通りとなりますので参考にしてみてください。
【にきびができる】

【炎症が進んでしまう】

【にきび菌が増殖してしまう】
※皮膚が弱くなってしまうためにさまざまな菌が入る可能性も高くなります。

【膿胞へ変化する】

【組織の破壊】
※菌が皮膚の真皮部分にまで達してしまい、組織を破壊していきます。

【表皮細胞の活性化】
※皮膚が再生しようとして活性化する現象です。

【色素の細胞の活性化】

というような流れでにきび痕が出来てしまうということになります。

また、にきび痕ができてしまう原因としては、にきびケアが間違っている場合、にきびを放置した場合、寝具など肌に触れるものが不潔なため菌が増殖してしまった場合、などが挙げられます。

にきびは悪化させてしまうと痕になってしまう可能性が高いので、にきび治療とにきび痕治療を並行に行っていくとより効果的なのではないかと思います。

にきびができる原因、できる流れをよく把握するようにして、にきび自体を甘くみないようにして治療を進めていくことが、結果的にきれいな肌が取り戻せることに繋がるということになると思います。




posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 18:57 | Comment(0) | にきび痕が発生してしまう経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠中のニキビケア

アメリカで大人気のニキビ撃退スキンケアb.glen   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

睡眠中のニキビケア
肌のトラブル解決 にきび予防とにきび痕

20才のニキビ徹底ケア―ニキビのために流行メークをあきらめていたあなたに贈る (Can Cam Pocket Mook)

20才のニキビ徹底ケア―ニキビのために流行メークをあきらめていたあなたに贈る (Can Cam Pocket Mook)

  • 作者: スタジオ・パル
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/05
  • メディア: 単行本


起きている間は誰もがニキビケアを欠かしません。
ニキビが気になる人は肌を清潔に保っているでしょう。
しかし、睡眠中にもニキビを悪化させる原因があるのです。
無意識なので仕方ないかもしれませんが、寝ている間のニキビケアもやるのがいいでしょう。
ニキビケアとして、肌に直接触れるものは清潔にしておく必要があります。
寝ている間、肌に触れる可能性があるものは布団やパジャマです。
中でも枕は顔が一番触れるもので、顔ニキビの原因になります。

枕は自分が思っている以上に雑菌が繁殖しています。
つまりニキビが気になるのであれば、枕カバーは毎日取り替えるなど、清潔なものを使用しなければなりません。
もちろん、枕カバーだけではなく、布団やパジャマなども清潔にしておく必要があります。
枕の上にタオルを置いて寝るのも清潔で、雑菌が顔につくのを防いでくれます。
しかし、タオルで肌を擦ることのないように注意しなければなりません。
肌を擦ると逆にニキビの原因になってしまいます。
また寝ている間に皮膚にあたるのが髪の毛。
髪がニキビにあたるとニキビが悪化してしまいます。ターバンなどでまとめて当たらないようにして寝るなど工夫が必要です。

1日の約3分の1が睡眠です。そこでできるニキビケアはニキビの改善にとってとても大きな役割を果たします。
寝ている間もきちんとニキビケアできたらいいですね。
睡眠自体がニキビケアになるので、自分の枕や布団を清潔にすれば、ニキビの悪化を防ぐ事ができるでしょう。

ドットフリー 薬用アクネローション 120ML

ドットフリー 薬用アクネローション 120ML

  • 出版社/メーカー: ドットフリー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 18:24 | Comment(0) | ニキビケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビ痕を治したい!

ニキビ痕を治したい、きれいな肌になりたいと願うのは肌トラブルで悩んでいる人にとっては切なる願いではないかと思います。

しかし、出来てしまったニキビ痕は自然には治ることがなく、何らかの治療やケアをしなければ改善には向かいません。

ニキビ痕には凸凹状になってしまうクレーターのような感じか、赤みやシミのような色素沈着したような感じかに分かれると思います。自分が抱えているニキビ痕がどういった状態かによって治療法も変わってきますので、自分がどういう感じの状態なのかを知る必要があります。

また、治療する前に今のニキビの状態は進行中なのかどうかも判断しなければなりません。今の時点でニキビがまだ出来ているのであれば、ピーリングなどの表面をいくら治療してもまた後から出てきてしまうので無意味だと言うことになってしまいます。
このように進行中のニキビがある場合にはまずニキビの治療をしてからニキビ痕の治療をすることがいいと思います。

まあすべてがこれに当てはまる訳ではありませんが、通常は当てはまるのでよく診てもらってから治療を開始した方がいいと思います。

ニキビ痕と言うのは皮膚が変形してしまっているので基本的には放っておいても治ることはありません。
ですから適切な治療をするようにして肌状態を改善させきれいな状態に持っていくようにしましょう。
ニキビ痕を治したいという気持ちが大切です。
あきらめなければきっときれいな肌が戻ってくると思いますよ。


参考記事リンク⇒やっぱり気になる思春期のニキビ





posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 10:22 | Comment(0) | ニキビを直したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニキビの痕のような肌トラブル

ニキビが出来てしまって、治療を続けていたとしても次から次へと出てきてしまうニキビ・・・。
ニキビが出来てしまった数の分、色素沈着してしまったり、ニキビの痕が出来てしまったりしてしまいます。
sobakasu.gif

ニキビが出来て、手当てして、痕になってしまって、またニキビができて、など繰り返していたらいつまでたってもニキビの痕やそういった肌トラブルから卒業することができなくなってしまいます。

こういった症状が起こるのは比較的大人のニキビによるものが多いのですが、このにきびを解消するためには何が必要になるのか、なぜにきびは次から次へと出来てしまうのか、その原因を見つけていき、解消し、肌の状態を本来のものに戻してあげていけばニキビも自然に治ってくると思います。

肌トラブルとはトラブルが出ているところが肌の表面になるので表側ということだとすると、裏側になるのが口の中、食道、胃、腸など皮膚から繋がっているところになると思います。
大体の場合はこの裏側の部分に肌トラブルとなる原因が隠れているのです。

体の内側の部分にトラブルを抱えていると、表側にある皮膚に負担をかけることになります。皮膚に負担がかかると敏感になり、炎症を起こしたり化膿したりしてニキビになってしまいます。
その炎症度合いが重くなると、色素沈着を起こしてしまったり、凸凹状になってしまったりして痕に残ってしまう可能性も高くなるのです。

まずは体質を改善していくようにして、体の内側部分の状態を整えていくことが、結果的にニキビどの肌トラブルを招く原因を解消してくれるのではないかと思います。


関連リンク⇒やっぱり気になる思春期のニキビ




posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 13:51 | Comment(0) | ニキビの痕が残る肌トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケミカルピーリング

ニキビケアの一つの手段として注目を浴びているのがケミカルピーリング。
ケミカルピーリングは炎症性のニキビを治療するのに良いと言われています。
皮膚の表面にある古い角質を数種類の酸を用いて化学的な作用で剥がすことで、ニキビを予防するものです。

ニキビの原因となる、古い角質や毛穴に詰まった角栓をなくし、毛穴の中に溜まっていた古い皮脂を外に出してくれます。
このピーリングを繰り返すと、皮脂が毛穴の中に溜まることなく、ニキビ治療に効果があるといわれています。

ニキビケアのしづらい背中のニキビにもこのピーリングが可能です。
目では見えない分、自分の背中が気になるという人も多いようです。
きちんとケアして、水着やキャミソールを気にせず着られるようにしたいですね。

ケミカルピーリングのメリットは古い角質を削るため、新しい皮膚が表面に表れるので、肌にあるニキビ跡がなくなり、すべすべの肌を手に入れることができます。
ニキビ跡のくすみや汚れも除去でき、色素沈着も改善できます。
ピーリングの繰り返しはニキビ予防だけではなく、健康な肌を保つことができます。

ケミカルピーリングは繰り返し受けた方が、より良い効果を期待できます。
1〜2週間毎に1回受けるペースで、4〜6回受けると肌がかなり改善されるでしょう。

ピーリングをした後は一時的に赤くなり、ヒリヒリすることがありますが、患部をきちんと冷やしてケアをしてください。
冷やしても赤みなどが落ち着かない場合は必ず診察を受けましょう。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人ニキビと思春期ニキビ

ニキビ予防ニキビ痕
大人ニキビと思春期ニキビ

同じ「ニキビ」という呼び方でも、大人にできるニキビと思春期の頃にできるにきびは違うものであると言えます。それはにきびができる原因というのが違うからです。ですので治し方も違ってくると思います。
kuronikibi.jpg


思春期にできるニキビというのは、放っておいても治るものです。またよく出る場合がお菓子の食べ過ぎだったり、お酒の飲みすぎだったりしてもニキビが出てくる場合がありますが、こういった食生活や生活の乱れからくる一過性のにきびの場合も、生活を改善することですぐに治るものです。

しかし、これと違うのが大人のニキビというもので、大人のニキビは放っておいても治ってくれないのです。しかも後から繰り返してニキビが出てきてしまうので、これを止めないとニキビの連鎖から抜け出せないということになります。

大人のニキビというのは、一過性の治療を施して今できているものだけを治しても、原因から突き止めないことにはまたすぐにきびが出てきてしまいますし、痕になってしまう可能性もあります。

この大人のニキビというのは出来る要素があって、出来ているので体の調子などを整えてみることから始めないとニキビがなくなってきません。ですから、体の内側にある原因を追究し、体の調子を整えていき、肌の状態も整えていくことで完治させるようにさせていかなければならないということになります。

悩んでいてもニキビが無くなったり、にきび痕が無くなったりはしませんので専門の病院などにいき相談するようにすることをおすすめします。

にきび治療に・・・おすすめはコチラ!
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | 大人のニキビと思春期のニキビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。