総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

ニキビができた時の化粧。

ニキビができたら、化粧は控えた方がいいといわれています。化粧を長時間していると、ニキビは悪化するだけで治癒することはありません。
化粧に含まれる成分が肌に刺激を与え、ニキビが悪化してしまうのです。
ニキビができている場合、ファンデーションは避けましょう。
できるのであれば、口紅やアイブロウなどのポイントメイクだけにして肌への負担を極力減らしましょう。
化粧をしないことが一番のニキビケアになります。

しかし、時によっては化粧をしなければならない場合もあります。
その場合、ファンデーションはリキッドタイプじゃなく、パウダータイプを使いましょう。
リキッドタイプには油分がたくさん含まれているため、ニキビの悪化を促してしまいます。
また、ニキビを隠すためにコンシーラーという人もいますがやめましょう。
ファンデーションを使う際は、最初にニキビのない部分から塗ります。そして最後にニキビの部分を軽く塗りましょう。
最初にニキビのある部分を塗ってしまうと、細菌が他の部分にもついてしまい、ニキビを増殖させてしまいます。
ファンデーションを塗るパフは清潔に保つ必要があります。ニキビなどがある場合は特に、両面使用したら洗った方がよいです。

さらに長時間化粧をする場合、ニキビケアとして化粧直しも大切になってきます。
肌に溜まった脂分を油取り紙でとってあげましょう。脂分を放っておくと皮膚や毛穴を刺激してしまいニキビのできやすい状況になってきます。
余分な脂を肌に溜めないようにしましょう。
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | にきび痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。