総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

外用薬でニキビを治す

にきび治療の切り札、皮膚科の処方成分である過酸化ベンゾイル含有、アクネトリートメント

外用薬でニキビを治す
肌のトラブル解決 にきび予防とにきび痕

ニキビケアとして、利用している人が多いのは外用薬。ニキビができると最初に外用薬で対処する人も多いのではないでしょうか。
外用薬は病院以外にも、薬局やドラックストアやネット通販で手に入れることができるため、手軽な治療になります。
外用薬の効用は様々ですが、基本的にアクネ菌に対しての殺菌効力はどの外用薬にもあります。
さらに皮脂の分泌を抑え、アクネ菌の棲みにくい環境を作ります。
他の効用として、古い角質を溶解してくれる外用薬もあります。
ニキビの原因である角質が毛穴に溜まるのを防ぎ、ニキビのできにくい肌にしてくれます。
アクネ菌の殺菌力や角質の溶解作用はほとんどの外用薬に含まれています。



しかし、ニキビの炎症の状態によってはこの二つの効力だけでは治りません。
ニキビの状態に合わせて外用薬を選ぶ必要があります。
例えば、赤ニキビや膿の溜まったニキビでは抗菌剤や炎症を抑える成分の入った薬を選びましょう。
ニキビの外用薬にはクリームタイプとローションタイプがありますが油分の少ないローションタイプの方が効果的といわれています。
ただし、市販の薬は効力が強すぎる場合があるので注意しましょう。
薬局などで簡単に手に入るニキビケアの薬は、もちろん病院でも手に入れることができます。
病院の方が個々の肌質にあった薬を処方してくれるのは間違いありません。
また、病院で処方される薬の中にニキビの芯が形成されるのを防ぐ薬もあります。
ニキビの芯はニキビの初期段階であるため、この段階でニキビケアができるのはとてもいいですね





posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 18:34 | Comment(0) | ニキビ予防とケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。