総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

にきび痕になってしまう原因について

ニキビが出来てしまったからといってすべてのニキビが痕になるわけではありません。
ニキビの痕ができてしまうかどうかは、その出来てしまったニキビの重症度によって決まります。
一般的にいうと、肌質が硬い人は角質部分が厚いので比較的にニキビが悪化しやすい肌質のようで、ニキビ痕になりやすいという傾向があります。

ニキビ痕ができる理由としては、ニキビというのは炎症性のもので、毛穴につまった皮脂を分解するときに刺激物を肌に生産しています。
これがニキビなのですがこの刺激物というのは重度になればなるほど皮膚細胞を破壊してしまうために、ニキビ痕が出来てしまうということになります。

ニキビが軽度の場合には、炎症自体は肌の表皮部分でのみ起こっているために痕になるということはあまりありません。
次に中度のニキビの場合は、ニキビによって生産される刺激物によって毛包壁が破壊されてしまいにニキビ痕になりやすくなってしまいます。

さらに重症になってニキビが重度になってしまった場合では、ニキビの炎症によってコラーゲンなどが損傷してしまって真皮部分にまで影響を及ぼしてしまうためにニキビ痕ができてしまうということになります。

どの重症度によっても、ニキビの炎症によって皮膚細胞が破壊されてしまうとニキビ痕になってしまう可能性が出てくるということになります。
また破壊された度合いが大きければ大きいほど、肌の回復力が遅くなってしまい、完治に長い時間がかかってしまうということになります。


 




posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 19:31 | Comment(0) | ニキビを直したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。