総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

にきびと寝不足

にきびや吹き出物と言った肌トラブルはストレスなどから来る寝不足と言うのも原因のひとつとされています。

にきびを悪化させてしまうと痕が残ってしまい、治すことも難しくなっていきますので、にきびができたときには適切な対処をしたり、にきびが出来ないような予防をしたりすることが大切なのです。
一般的に見てみても10代と大人とは睡眠不足に悩むケースも格段に違い、大人になるとストレスなどが増え、体に負担になっていると言うことが分かります。

睡眠をコントロールする物質にホルモンのひとつであるメラトニンという物質がありますが、子供の頃は体内にその物質が充分にあったために不眠症になるというケースが比較的少ないという考え方があります。

加齢してくると徐々に体内からメラトニンの量が減少してくるために眠りが浅くなってしまったり不眠になってしまったりすると言うことが考えられています。

充分に睡眠を取らないといい体も作れません。だからと言って眠るために精神安定剤や睡眠薬などを接種してしまうと逆に肌には悪いためににきびができてしまう可能性もでてきて結果的に悪化させてしまい、にきび痕が残ってしまうという悪循環になってしまうかもしれないのです。

では睡眠をきちんととるためにはどうすればいいのでしょうか?ストレスを緩和させるためにアロマテラピーを実践してみるとか、マッサージなどをしたり軽い運動をしたりしてストレスを緩和させ、質のよい睡眠を得るようになるかもしれませんので実行してみてはいかがでしょうか。

よい肌にはよい睡眠が必要になるのです。



posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 21:54 | Comment(0) | にきびと寝不足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。