総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事
しつこいニキビにさよなら!

ニキビの原因とニキビ予防

にきび予防できるピーリング石鹸とは?


ニキビ予防とニキビケア「ニキビの原因」

ニキビができる原因と言われているのがアクネ菌です。
ニキビケアにはこのアクネ菌を無くさなければならないと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。
そもそもアクネ菌とは、病原菌ではなく誰の顔にでもいる常在菌なのです。
ニキビがない人でも、顔にはアクネ菌がいるのです。アクネ菌がいるからニキビができるわけではありません。

アクネ菌の役割として、皮膚を弱酸性に保ってくれ、他の病原菌の繁殖を抑えてくれます。
肌にとっては欠かせない存在なのです。
このアクネ菌は皮脂を栄養として繁殖するのが特徴で、皮脂腺の辺りにはアクネ菌がたくさんいます。
ニキビの原因≫続きはこちら



ニキビ予防とニキビケア「ニキビ予防」

ニキビができてしまってから、炎症を悪化させないために色々ニキビケアをしてもなかなか綺麗に治ってくれません。
やはり、ニキビを作らないためのニキビケアや初期段階でのニキビ予防が必要となってきます。
どのようなニキビ予防が有効なのでしょうか。
洗顔などの地道な努力はもちろん必要です。最近では薬を塗ったり、飲んだりしたり、またケミカルピーリングなどが注目を集めています。
手軽にできるニキビ予防も注目を集めており、有効な対策だと言われています。
しかしながら、これらの対策は全ての人に合った予防策ではありません。
自分の肌に合っていなければ逆効果になるのです。
ニキビ予防≫続きはこちら


ニキビ予防とニキビケア≫続きはこちら
posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 05:37 | Comment(20) | ニキビ予防とケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外用薬でニキビを治す

にきび治療の切り札、皮膚科の処方成分である過酸化ベンゾイル含有、アクネトリートメント

外用薬でニキビを治す
肌のトラブル解決 にきび予防とにきび痕

ニキビケアとして、利用している人が多いのは外用薬。ニキビができると最初に外用薬で対処する人も多いのではないでしょうか。
外用薬は病院以外にも、薬局やドラックストアやネット通販で手に入れることができるため、手軽な治療になります。
外用薬の効用は様々ですが、基本的にアクネ菌に対しての殺菌効力はどの外用薬にもあります。
さらに皮脂の分泌を抑え、アクネ菌の棲みにくい環境を作ります。
他の効用として、古い角質を溶解してくれる外用薬もあります。
ニキビの原因である角質が毛穴に溜まるのを防ぎ、ニキビのできにくい肌にしてくれます。
アクネ菌の殺菌力や角質の溶解作用はほとんどの外用薬に含まれています。



しかし、ニキビの炎症の状態によってはこの二つの効力だけでは治りません。
ニキビの状態に合わせて外用薬を選ぶ必要があります。
例えば、赤ニキビや膿の溜まったニキビでは抗菌剤や炎症を抑える成分の入った薬を選びましょう。
ニキビの外用薬にはクリームタイプとローションタイプがありますが油分の少ないローションタイプの方が効果的といわれています。
ただし、市販の薬は効力が強すぎる場合があるので注意しましょう。
薬局などで簡単に手に入るニキビケアの薬は、もちろん病院でも手に入れることができます。
病院の方が個々の肌質にあった薬を処方してくれるのは間違いありません。
また、病院で処方される薬の中にニキビの芯が形成されるのを防ぐ薬もあります。
ニキビの芯はニキビの初期段階であるため、この段階でニキビケアができるのはとてもいいですね





posted by 肌のトラブル ニキビ 記録の細道 at 18:34 | Comment(0) | ニキビ予防とケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BBニキビ予防口臭予防子宮内膜症便秘解消法老眼治療

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。